敏感肌は肌老けが早く、美白も効かないという事実

敏感肌は肌老けが早く、美白も効かないという事実 敏感肌は老けるのが早いといわれています。その理由はすごくシンプルで外部刺激の影響を受けやすいので肌細胞や組織がダメージを受けやすいからです。


肌がダメージを受ければ炎症を起こしたり、活性酸素の脅威にさらされる機会が増えるということですから老けるのが早くなるのは当然といえます。 実際に健常肌と敏感肌を比べると明らかに見た目年齢に差があるんですね。


美白にかんすることでいうと肌のバリアが弱いので敏感肌は紫外線に弱い肌といえます。UVケアしようにも日焼け止めが刺激になって使えないということもありますし、 同様に美白化粧品も使えないことが多いです。


かりに美白化粧品を使えたとしても紫外線の影響を受けやすく肌の炎症も起こりやすいということから常にメラニンが生成されている状態で、 メラニンが生成されるスピードと量に美白作用が追い付かないので、美白効果を実感できないことが多いです。


「シミやくすみができやすいのにそれに対して何もできない。」これまで敏感肌の人にとっては美白ケアというのは夢のまた夢、現状維持が精一杯でスキンケアできれいになるとか、若く見せるなんてことは無理な話だったんですね。


しかし、ここ数年で敏感肌ブランドから続々と美白ラインが販売されるようになってきていますし、その他のブランドでも美白ラインの高保湿化&低刺激化がすすんできています。 肌老けが早く、美白ができないし、効かない敏感肌の人も美白コスメの進歩もあって美白×エイジングケアができるようになってきているんです。

敏感肌を整えることが美白ケアの第一歩

敏感肌を整えることが美白ケアの第一歩 敏感肌をそのまま放置してもいいことは一つもありません。どんどん肌老けが促進されるだけですからシミやくすみにとどまらず、 シワやたるみ、毛穴の開きといった問題にまで発展してきます。


化粧品会社のリサーチデータによると都市圏に住む30~40代の働いている女性に敏感肌が多いそうです。


生まれつきセラミドの産生力が弱いとか肌が薄い、アトピー因子を持っているといったもともとの肌質の問題もありますが、 生活習慣が乱れていることやストレス、間違ったスキンケアが引き金になって肌のバリア機能が低下して敏感肌になっているというケースも多いとか。


紫外線の量は増えているし、最近だとPM2.5なんてものも空気中には漂うようになりました。家の中では常に空気清浄器が稼動し、 殺菌や抗菌と清潔にしすぎているため免疫力も落ちているといわれていますから、敏感肌になりやすい環境になっているといえるんですね。


何もしなければ勝手にエスカレーターにのせられていくように肌が敏感肌に傾いていってしまうわけですから、これはもう意識的に エスカレーターに逆行してすでに敏感肌の症状がある人はもちろん、ない人も肌のバリア機能を整えるスキンケアを意識して肌環境を整備することを最優先に考えないといけません。


セラミドで肌のバリア機能を再生&修復させて肌環境を整えながらさらに抗酸化作用のある成分で肌老化を防いだり、有効成分でエイジングケアや美白ケアができる。 そんなハイスペックな敏感肌ブランドのスキンケア化粧品を使えればこんなにうれしいことはありません。


肌環境を整備できる敏感肌ブランドの美白コスメ 詳細はコチラ
Copyright © 2014 決定!敏感肌用美白クリームランキング【セラミド配合限定Ver.】· All Rights Reserved·