皮膚が薄い(=肌が薄い)ことで起きる肌トラブルとは!?

皮膚が薄い(=肌が薄い)ことで起きる肌トラブルとは!? 顔の皮膚の中では目元の皮膚が一番薄いです。そのため血行不良などの影響はすぐに肌色にでてきます。いわゆる目の下のクマです。


また、目元というのは乾燥しやすいしデリケートな部分であるということは日々のお手入れのなかで気づいていると思います。 それだけ皮膚が薄い部分というのは外部からの刺激に弱いし、肌が抱える問題が目立ちやすいんですね。


皮膚が薄いとその分、キメが細かくなり綺麗になるといわれていて男女で比べると女性のほうが皮膚は薄いので見た目や質感は女性の皮膚のほうがいいです。 しかし、皮膚が薄いと水分を蓄える細胞の層も薄いので刺激に弱く、乾燥しやすいという弱点もあります。


皮膚が薄いとトラブルが多いというのは赤ちゃんの肌がその典型です。赤ちゃんの肌というのは大人の半分程度しかありません。見た目には水分の多いきれいな肌をしているのにトラブルだらけなのは皮膚が薄く、バリア機能が未熟なので刺激に極端に弱いからなんです。


大人になるにつれて皮膚も厚くなり、バリア機能も強くなっていきますが、あまり皮膚が厚くならないままの人もいます。 また、健常肌の人でも間違ったスキンケアや加齢によって肌の土台をつくる成分が減少してくることで肌は薄くなり、痩せていくということは覚えておくといいと思います。

皮膚が薄いとシミやくすみなど肌老化が目立つ!?

皮膚が薄いとシミやくすみなど肌老化が目立つ!? 皮膚が薄いというのはそのまま肌のバリア機能を司る角層が薄いということがいえるので、刺激に弱く、乾燥しやすいといえます。


いわゆる乾燥肌や敏感肌の症状を抱えているケースが多いはずです。


当然、こうした弱くて脆い肌では、シミやくすみといった肌色にかかわる悩みが目立ちますし、シワたるみといった肌老化も進みやすいといえます。


生まれつき皮膚が薄い人もいますが、気をつけたいのはみずからの間違った肌のお手入れで肌を薄くしてしまうということ。スクラブやピーリングなどの角質ケアのやりすぎは角層を削ってしまいますし、活性酸素や紫外線は肌細胞を傷つけてしまうので皮膚を薄くしてしまう原因になるといわれています。


なので、できればこれらのことは避けたほうがいいでしょうね。


生まれつき皮膚が薄いことや加齢により薄くなってしまった皮膚を何とかするのは難しいですが、間違ったスキンケアで薄くなってしまったものは肌を休ませることで回復させることができると思います。 ワセリンを塗って肌表面に油膜をつくったり、疑似角層をつくるようなクリームを使って薄い肌を保護してあげるスキンケアが有効だと思います。


こういうときも敏感肌ブランドのクリームを利用すると刺激もなく、高保湿で負担をかけずにできると思います。


低刺激で敏感肌も使えるクリーム セラミド配合<Best3>はコチラ
Copyright © 2014 決定!敏感肌用美白クリームランキング【セラミド配合限定Ver.】· All Rights Reserved·