カネボウ白斑問題とはなんだったのか?

カネボウ白斑問題とはなんだったのか? テレビや新聞各紙を騒がせて社会問題になったことからご存じの方がほとんどだと思いますが、2013年の7月4日に消費者庁から カネボウ化粧品、リサージ、エキップ3社の美白化粧品を使った消費者に白斑のトラブルが発生しているということでただちに使用を中止するよう通達が出されました。


化粧品に含まれていたロドデノールというカネボウが特許を取得している美白成分が今回の白斑トラブルの原因だといわれており、 年齢は50~60代、化粧水・美容液・クリームとラインで使っていた人により多く重く症状がでているということでした。


この事件を受けて美白を頑張っている人は恐怖に震えたと思います、実際に自分の使っている化粧品にロドデノールが配合されていないか化粧品メーカーにかなりの問い合わせがあったそうです。


今回はたまたまカネボウのロドデノールという美白成分が白斑という問題を引き起こしたものであり、他の美白成分にはその心配は一切ないということでしたが、 白斑という症状でなくとも化粧品に配合が許されている7000種類の成分のうちその半分以上は安全かどうかのテストも行われていない状態ですから今後再び化粧品による肌トラブルが発生するということは大いにありえるというのは覚えておいたほうがいいと思います。


一般的な美白化粧品というのは、過剰なメラニン生成を抑える程度でメラノサイト自体に毒性を及ぼすことはないといわれていますが、肌の防衛反応であるメラニン生成を食い止めるという自然に反することをしているのは間違いないので肌に対する負担が他のものと比べて大きいという認識はもっておかなくてはいけないと思います。

カネボウ白斑問題以降、美白のトレンドは角層の状態に注目!

カネボウ白斑問題以降、美白のトレンドは角層の状態に注目! カネボウ白斑問題以降、日本人女性の白肌至上主義は治まったかといえばまったくそんなことはなくて、「安心して使える美白化粧品」という方向に矛先が変わったという声が業界では多いみたいです。


その影響か、これまではいかにメラニン生成を食い止めるか、強烈な美白作用があるかをアピールしていた美白化粧品が「高い保湿力」や「肌環境を整えるエイジング機能」など角層に注目したものに変わってきているのは確かです。


そんな美白トレンドの変化のなかでいま注目を浴びているのが当サイトでも紹介している敏感肌ブランドの美白ラインだそうです。


角層を整えるとか、高保湿とか、肌に低刺激で安心な美白というのはまさに敏感肌ブランドの美白ラインの独壇場であり、専売特許ということもあり、カネボウの白斑問題以降、かなり売上がアップしたとか。


肌の角層が整えば外部刺激にも強くなり、肌もうるおうので紫外線の影響を受けにくくまた乾燥によるくすみなども起こさなくなります。 美白成分も少ない量でも確実に効果が期待できるようになるので、そもそも敏感肌ブランドの美白ラインのようにまず肌環境の整備を最優先するというのは理にかなっているんですよね。


「肌になるべく負担をかけずに安全に美白したい!」と人には敏感肌ブランドの美白はぴったりだと思います。


イチオシの敏感肌ブランドの美白ラインは? 詳細はコチラ
Copyright © 2014 決定!敏感肌用美白クリームランキング【セラミド配合限定Ver.】· All Rights Reserved·